プロフィール
拓創堂株式会社
拓創堂株式会社
拓創堂株式会社
代表 清水 彰
【事業内容】3DCG・3DCADのデータを用いた三次元造形。写真・画像からの3Dデータ作成。3Dデータの修正および作成。
【プロフィール】元要素技術研究開発職。趣味はバイク、スキー、オンラインゲーム。家族は妻と子供3人、猫三匹に増えました。
QRコード
QRCODE
※カテゴリー別のRSSです
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人

2011年03月13日

今回の地震について

被災地の皆様にお見舞い申し上げます。また、亡くなられた方たちには心からお悔やみ申し上げます。
地震の揺れのすごさも今までにないほどでしたが、今回の津波の被害には想像を絶するものがあります。どれほどの恐怖であったか想像することしかできませんが、不明となっている方たちの無事を祈ります。

私は今回の地震に京浜東北線の電車の中で出会いました。電車の灯りが消えて緊急停止しましたが、幸いにも駅のホームで停まることができたので、すぐに駅から外で出ることができました。
ですが、携帯電話はつながらず、公衆電話から家族に電話している最中に余震で電話も切れ、家族に心配をかけてしまいました。家に帰れたのは翌日になってからでした。

今回の地震の影響がどれほどの範囲に及ぶか想像もできませんが、とりあえず明日から一時的な停電が始まります。その間は仕事ができないので、どうしようか思案中ですが、とにかく自分にできることは少しでも協力していきたいと思います。
  
タグ :地震

Posted by 拓創堂株式会社 at 23:05Comments(0)日記

2011年02月22日

シンボルマークを作ってみました

 会社のロゴとは別にシンボルマークを作ってみようと思い、いろいろ考えた結果こんなものができあがりました。

 ∞マークを2つ組み合わせたものですが、それぞれのマークが立体的にねじってあって、しかも組み合わさっています。なので、平面的に見るとたいしたことないのですが、立体としてみるとかなり複雑な形をしています。

 で、それを実際に作ってみた結果、こんな風になりました。

 写真だとわかりにくいのですが、なかなかの出来映えでだと自画自賛しています。ぜひ、実物を見ていただきたいところです。
 
 昨日、今日と営業まわりをしています。いろいろな企画が進みかけているので、なんとかちゃんとした形に結びつけたいところです。
 ちゃんとした契約になったら、ホームページでも紹介したいと思います。  
タグ :立体出力

Posted by 拓創堂株式会社 at 17:57Comments(0)日記

2011年02月16日

そろそろ更新を再開しようかな

 ということで、少しずつ日記を再開しようと思います。

 まずは最近の出来事から。昨日、地元の新聞の取材を受けました。以前に日記に書いた「似顔絵ちびキャラ」について説明し、あわせて今進めている新しい製品について説明しました。どうして取材をと聞いたところ、ホームページを見て興味を持たれたとのこと。ありがたいことです。地元の経済新聞なのでそれほど大々的に読まれることはないでしょうが、記事にしていただくだけでもありがたいと思いますし、それをきっかけに少しでも多くの人に当社を知ってもらえれば良いなと思っています。

 そして、今製品化しようとしているのは、前回同様人物像なのですが、顔や衣装、ポーズを自由に選んで作れる人物像です。ちょうど、WEBなどによくあるアバターシステムを3D化して、それを実際に作りますという感じです。パーツを選んで組み合わせても良いし、指定のデザインや模様も使えるようにします。そして、なるべく安い値段で出したいので苦心しています。なるべく気軽に買ってもらえるようにしたいですからね。
 
 ほかには、ちょっとしたお遊び的なキャラクターグッズも作ってみようと思っています。上の「似顔絵ちびキャラ」をブローチやペンダントにして欲しいという人がいたので、そのあたりから始めてみます。

  

Posted by 拓創堂株式会社 at 12:04Comments(0)日記

2011年01月19日

久々の更新です

 気がつけば前回の更新から2週間も開いていました。その間、何もなかったかというと沢山ありすぎて日記すら書けなかったという状況でした。
 とりあえず、今回の新作です。
  
 前回に引き続き、実際の人物をモデルにした模型です。今回、モデルになってくださったのは知り合いのお嬢さんです。ちょうど成人式を迎えるとのことだったので、せっかくの着物姿だからとモデルになっていただきました。顔がわかってしまうかな?だとしたら目隠ししないと。w
 前回も同じような実際の人物をモデルにした模型だったのですが、今回はだいぶ完成度が上がったと思います。(その分、手間がかかりましたが。)
 もう少し完成度が上がれば製品化できそうです。
 
 こちらとは別に、人物をモチーフにしたモデルのシリーズ化も進めています。こちらはまだ試作もできていないので紹介するわけにはいかない状態です。
 それ以外にも○○の3D化だとか、何やら怪しげなことも始めています。
 
 いずれにせよ、今年はいろいろと新しいチャレンジをしてみたいと考えていますので、がんばっていくつもりです。
  

Posted by 拓創堂株式会社 at 15:18Comments(0)日記

2011年01月04日

あけましておめでとうございます

 今年もよろしくお願いします。
 
 昨年は波瀾万丈の一年でした。今年もたぶん同じように波瀾万丈になるのだと思います。
とはいえ、一年の初めですので気持ちも新たにがんばります。
今年の初作品はお正月らしく着物姿の女性です。(念願の?・・・w)
  
 この作品は写真を元にデータを起こして造形しました。ですので、いささか着物の模様があやしいところもありますが、再現度はまずまずだと思います。また、着物の模様は写真をそのまま使っていますので、部分で明るさにむらがでてしまいました。これは写真撮影時の照明を気をつければ解消できると思います。
 今回は全高12cmで作りましたが、この大きさだと顔の部分の写真の解像度が足りず、別データで製作して合成してあります。
  もう少し完成度を上げて製品化するつもりです。  

Posted by 拓創堂株式会社 at 16:06Comments(0)日記

2010年12月28日

今年の仕事は今日までです

 今年は実にいろいろなことのあった一年でした。今年の初めには、今の状況なんてまったく想像もつきませんでしたが、過ぎてしまえばあっという間だったような気がします。

 来年は平穏無事に、とはきっといかないだろうけど、その時その時にやれることを精一杯やっていくしかないと思います。

 来年は卯年。ウサギのように耳(アンテナ)を立てて感度を良くし、いざというときは飛び上がれるようになりたいですね。

 ということで、ウサギ(集団)を作ってみました。これだけ並ぶと、けっこう威圧感が。(w

  

 さて、明日からお客さんが泊まりにくるし、娘たちも帰ってくるしで掃除をしておかなければ。

  
タグ :立体出力

Posted by 拓創堂株式会社 at 08:54Comments(0)日記

2010年11月27日

グーテ・デ・ロワ(王様のおやつ)

 今回はお菓子の話を。何故かというと、明日の法事の引き物に使うことにしているからです。
 ガトーフェスタ・ハラダ(http://www.gateaufesta-harada.com/)のこのお菓子を知っている人も多いだろうと思います。今でこそ高崎市新町となっていますが、平成の合併前は多野郡新町という地方の一菓子店でした。

 私がハラダの存在を知ったのは、この店が洒落た構えの店を私の通勤路である国道17号線沿いに作ったときからでした。一見、パチンコ屋とも思えるような奇抜なデザインで(失礼!)いったい何の店だろうと思ったのがきっかけでした。

 ほどなく、ギリシャ建築風のその店が菓子店だとわかり、今度はどんなものを売っているのだろうと思いました。売っているのがラスクだと知って、ラスクを売るのにこんな立派で広い店?とも思ってしまいました。

 とはいえ、毎日その店の前を通るので、ある日、意を決してその店に入ってみました。綺麗なショーケースに並んだラスクを、これまた奇麗なお姉さんが売っていて(笑)、おっさんである私はどぎまぎしながらラスクを買い求めたものでした。

 土産に買ったラスクを食べた妻は、これをいたく気に入ってしまい、それ以降、子供のおやつと贈り物に必ず使うようになっています。
 
 ハラダの詳しい話を聞いたのは、とあるセミナーでのことでした。そこで、専務である奥様の奮闘ぶり(毎日各ラインの最初に出来たラスクを試食するのだそうな。本人は罰ゲームと言っているらしい。)や、その販売戦略を聞いて非常に感銘を受けました。ちなみに売り場の全権責任者である奥様は味についても決定権を持っているとのこと。工場責任者である旦那の社長は奥様がうんと言うまでラスクを焼き続けたそうな。(←これは余談)ともあれ、最初はこんなに売れるとは思っていなかったそうです。むしろ、和菓子屋であり、学食のパン屋であったハラダが、生き残りをかけて作り出したものだったそうです。しかし、最高のものを作るという信念と、その地道な販売戦略には考えさせられることが多いと思います。ラスクの材料であるフランスパンも自社で焼いているこだわり(買って食べてみたが、これまた美味しい)。多すぎない商品ラインナップ。夢を売るという社長の言葉を表した店作り、売り場作り。

 そこにあるのは、最高のラスクを以ってお客に夢を売るという考え方でした。ハラダに行ってみればわかりますが、売り場はまるで宝石店のようです。このラスク単体ではなく、店や売り場を含めた商品としての全体の戦略こそがハラダが成功した理由であるように思えます。
 
 一見、奇をてらったような店作りと商品パッケージは、実はお客は何を求めているのか、とことん考えた上で経営者としての信念を貫いた成果なのかもしれません。
  

Posted by 拓創堂株式会社 at 20:49Comments(0)日記

2010年11月25日

iPod touchにハマりそうな予感

 何となく毎日iPod touchを持ち歩いています。薄いし軽いので携帯電話より持ち歩くのが気にならないくらいです。で、空いた時間にムービーを見ています。何を見ているかというとDVDから違法コピーした映画を・・・ゲフゲフ!

 と、とにかく画面の解像度が良いのでこの大きさでも十分鑑賞に堪えるのです。なので、さすがにフルHDは無理ですが、DVDの解像度であればそのまま再現できるようです。今日も社会保険事務所(今は年金事務所でしたっけ)の手続きの待ち時間やお昼の注文メニューがくるまで映画鑑賞をしてました。w

 最大の問題は、こちらの眼にありまして、老眼鏡をかけないとどれほど画面が美しかろうと良く見えないことです。今、使っているメガネは3年ほど前に作った遠近両用メガネなのですが、いくらか度が合わなくなってきているようです。

 仕事でPC画面をずっと睨んでいる時間も長いことだし、そろそろメガネも新調しないといけないかもしれません。もっとも、画面がよく見えるようになったら嬉しくなってオンラインゲームに入り浸ってるかもしれませんが。そうならないためには今のメガネのままのほうがいいのかな?

 とりあえず、iOS4が出たのでアップデートしてみようと思っています。
  

Posted by 拓創堂株式会社 at 19:04Comments(0)日記

2010年11月23日

Appleの軍門に下った

 というわけではないですが、iPod touchを買ってしまいました。昔、はMacを使ってもいたのですが(LC575とかです)、最近はAppleの製品はすっかり買わなくなっていました。
  



 買った理由ですが、商品サンプルの写真を入れておいて、営業する際にお客さんに見せようと思ったからです。でまぁ、どんな写真かというとこんな写真だったりするわけです。
  


 いちおう、もう少しマジメな写真も入ってるわけですが、羽川さんの模型の出来がよかったからつい。w

 今回RetinaディスプレイになったiPod touchは非常に画面の解像度が良いので(960×640ドット)、画面は小さいですが高解像度の写真でも美しく表示ができるようになりました。なので、これならかなり高解像度の写真でも大丈夫だろうと思って購入に踏み切ったわけです。

 実際に使ってみて、画面の解像度はほぼ満足のいくレベルだと思いました。これだったらiPadは要らないかなぁ、などと考えています。サンプル写真を見せるのに画面が大きい方が良いのだろうかとも思っていましたが、iPadはやや重いし、大きさからして嵩張るしで購入に踏み切れないでいました。

 今回のiPod touchを見て、液晶画面の表示性能は一つのピークを迎えたような気がしました。これならテキストを読むのも苦じゃなくなるかもしれない、とも思います。何しろ、最近、老眼が進んできてメガネなしでは携帯電話の画面を見るのすらしんどくて。

 でまあ、いろいろと使ってみようと考えている訳ですが、実際に最初に入れたデータはお気に入りの音楽のアルバムだったりして。wあと、お気に入りの動画とか。ww

 公私混同はいけませんな。うん。

  

Posted by 拓創堂株式会社 at 14:42Comments(0)日記

2010年11月13日

ダウングレードのアップグレード・・・?

 仕事で使っているパソコンなのですが、OSが今までWindowsXPでした。今年の夏に買ったばかりなのですが、わざわざWindows7からダウングレードして使っていたのです。なぜかというと、仕事で使っているソフトがVistaまでした対応しておらず、Vistaが嫌いと言うこともあってXPにして使っていたのです。

 そのソフトが今回のバージョンアップでWidows7に対応したのを期に、Windows7にアップグレードすることにしたのです。

 で、その作業だったのですが、結局、新規インストールと同じ作業をすることになってしまいました。そのため、データを全部バックアップしてアプリケーションを最初から入れ直すことになりました。途中までは順調だったのですが、いざアプリケーションのインストールを始めようとして、ネットワークを認識していないことに気がつきました。ドライバーを入れ直すとかいろいろやってみたのですが、復旧せず。付属のCDのドライバーで何度やってもだめだったので、まさかとは思いつつWindowsに付属のドライバーでトライしてみたところ、成功しました。その後は、ほぼ順調にインストールも進み、ほとんどのアプリをインストールすることができました。

 ドライバーは付属のCDで、という思い込みがかえって失敗の原因になってしまったようです。  

Posted by 拓創堂株式会社 at 19:30Comments(0)日記

2010年11月12日

産業交流展の見学をしてきました

 今日は情報収集とPRを兼ねてビッグサイトで開催されていた産業交流展を見学してきました。久しぶりのビッグサイトの展示会だったので、人の多さをすっかり忘れてしまい、完全に人酔いをしてしまいました。なさけな~~。

 とりあえず、気になるブースのチェックはできたし、同時開催していた東京デザインマーケットでデザイナーの方と何人かお話しすることができました。皆さん三次元造形や立体出力というものをあまりご存じではありませんでした。思ったよりも知られてないんだな~というのが感想です。とりあえず、こんな感じのものが作れますという説明をさせていただきました。

 その中でも、前日の日記に載せた義母の顔像の写真をお見せしたところ、かなりインパクトがあったようです。見ようによってはかなり不気味なものではありますからね。まあ、印象には残ったかな、という感じです。

第13回 中小企業による国内最大級のトレードショー  産業交流展2010    

Posted by 拓創堂株式会社 at 19:03Comments(0)日記

2010年11月10日

睡眠時無呼吸症候群

 何を隠そう、私も睡眠時無呼吸症候群の患者です。もともとのどが弱かった上に扁桃腺持ち、しかも若い頃に比べて体重は優に20kgも増えましたから、条件は完璧?にそろっているわけです。ということで、CPAPのお世話になって、そろそろ1年になります。CPAPという装置は簡易版人工呼吸器みたいなものですが、要は寝ている間はマスクをして強制的に空気を送り込んでいるわけです。
  (画像:TEIJINのHPより)
 で、そろそろ空気が冷たくなってくるわけですが、そうするとマスクの内側が結露するわけです。それが鼻のまわににたれてきて、けっこう不快な思いをするわけです。で、去年、お医者に教えてもらったのが、マスクの内側に台所用フキン(化学ぞうきんみたいなやつ)を貼り付ける方法です。これだと、フキンが水を吸ってくれるので鼻の周りに水が落ちてこないわけです。

 いずれにせよ、こんな装置のごやっかいにならずとも普通に呼吸ができれば一番いいわけでして、もう少し痩せなくてはいけないな、と。今年の初めかと比べれば2kgほど体重は減ってるわけですが、焼け石に水と言いますか何と言いますか。とにかく、諦めずに減量を続けるしかないです。  

Posted by 拓創堂株式会社 at 09:14Comments(0)日記

2010年11月05日

初記事

 昨日からGoogleにスポンサー広告を出しています。反応は・・・まだないです。クリックはそこそこにあるので、いずれ何らかの反応があることを期待していますが、ある程度気長に待つしかないでしょう。Yahooにも広告を出してみようかと考えていますが、広告費との兼ね合いがあるので悩むところです。超零細企業ゆえ、広告費の予算など無いに等しいので。期間、もしくは上限を決めてやってみるしかないでしょうね。

 いずれにせよ、広告を出したからといって、すぐに反応があるとは期待しないほうが良いでしょう。まずは地道な実績作りということで周囲から始めてみようと思います。とりあえず、知人や昔の取引先などを回りつつ、少しずつ新しいお客を見つけていこうと思っています。

  

Posted by 拓創堂株式会社 at 10:02Comments(0)日記